2~3ヶ月に1回は更新します(目標)。

サムごめん

牧場に種牛が2頭連れて来られました。
1頭は若さみなぎるジョージ。もう1頭は ベテランのサム。
ズラリと並んだ若くてピチピチの雌牛たちを見て、若いジョージはもう興奮を抑えきれません。

「サム!サム!僕、あのギャルたち全員と関係もっていいの?はぅはぅ」
「落ちつけよジョージ。これは仕事なんだから効率的にやろう。いいか。お嬢さんたちが 1列に並んで食事している隙に後ろから行く。俺はこっちの端から順番にやっていく から、お前は向こうの端から取りかかれ。真ん中で出会ったところで仕事終了だ」
「わかったよ。じゃあもう始めていいんだね?いっちゃうよ。はぁはぁ」
「ジョージ。くれぐれもお嬢さんたちに失礼のないよう、礼儀正しくするんだぞ」
「OK!」

そうしてジョージとサムは仕事に取りかかりました。ジョージは興奮しながらもサム の注意をしっかり守り、1頭仕事を終えるごとにきちんとお礼を言いました。

「お嬢さんありがとう。お嬢さんありがとう。お嬢さんありがとう。お嬢さんありが とう。サムごめん。お嬢さんありがとう。お嬢さんありがとう」

               

     

コピーライト

Author by びお / Designed by マンゴスチンw /