2~3ヶ月に1回は更新します(目標)。

ピアノが弾けるハムスター

ブログトップ > バカ コピペ > ピアノが弾けるハムスター
みすぼらしいなりの男が酒場にやってきて、飲み物を頼んだ。
バーテンダーがいった。
「だめだよ。払え ないんだろう。」
男が言った。
「そのとおり。おれは文無しだ。だけど、あんたがこれまで見たことも無い物を見せたら、一 杯飲ませてくれるかい?」
バーテンダーは、「あんたの見せるものがきわどいものじゃなければね」と答えた。

「ようし!」
男はコートの ポケットに手を入れると、ハムスターを取り出した。

男がハムスターをカウンターの上に置くと、ハムスターは端まで走っていって、ストゥールを伝って、部屋を横切り、
ピアノに登って、キーボードに飛び乗って、ガーシュインの曲を弾き始めた。おまけに、とても上手に。

バーテンダーは言った。
「あんたの言う通りだ。こんなのは見たことがない。あのハムスター。本当にピアノが上手だな。」

男は飲み物を飲み干すと、もう一杯ほしいと言った。
「金を払うか、不思議なものをもう一つ出さない と、だめだね」バーテンダーが言った。
男はまたポケットに手を入れると、カエルを取り出した。

カエルをカウンターに置くと、カエルは歌い始めた。
すばらしい声で、音程も正確で、立派な歌い手だった。
酒場の向こう端にいた見知らぬ男が男に駆け寄って、カエルの代金として300ドル払うと申し出た。
男は「承知した」と言った。

300ドルを受け取って、カエルを渡すと、相手は酒場から大急ぎで出ていった。
バーテンダーは男に言った。
「あんた、頭がおかしいんじゃないのか?歌うカエルを300ドルで売るなんて!
 何百万ドルもの値打ちがあるかもしれないのに。ばかだよ、あんた。」

「いいや」と、男が言った。
「ハムスターは腹話術もできるのさ。」

               

     

コピーライト

Author by びお / Designed by マンゴスチンw /