2~3ヶ月に1回は更新します(目標)。

ジャックと親友のボブ

ブログトップ > バカ コピペ > ジャックと親友のボブ
ジャックは、親友のボブとスキーに行くことにした。彼らはジャックのステーションワゴンに荷物を積みこむと、
北へ向かった。2、3時間車を走らせた後、ひどい大吹雪に見舞われた。
彼らは、すぐそばにあった農家に車を寄せ、一晩泊めてもらえないかと、そこに住んでいた魅力的な女性に尋ねた。

「私は最近、夫を亡くしまして、」女性は説明する。「あなた方を泊めることにより、
近所の方々に変な噂が広まってしまうのではないかと危惧してしまいます」

「ご心配なさらないでください」ジャックは言った。「僕たちは、喜んで納屋で休みますから」

9ヶ月後、ジャックは未亡人の弁護士から一通の手紙を受け取った。
彼は、ボブに電話をかけた。「ボブ、僕らが泊まった農家の綺麗な女の人、覚えてる?」
「うん、覚えてるよ」
「真夜中に家に行って、彼女とエッチとかしなかった?」
「ああ、実はヤっちゃった」

「君の名前を彼女に教える代わりに、僕の名前をつかわなかった?」
ボブの顔は赤くなった。「ああ、申し訳ないが、君の名前をつかってしまった」

「おお、ありがとう!たった今、彼女が亡くなったんだよ、僕に全財産を残してね!」

               

     

コピーライト

Author by びお / Designed by マンゴスチンw /