2~3ヶ月に1回は更新します(目標)。

おまわりさん

ブログトップ > いい話 コピペ > おまわりさん
最近外が暖かくなってきたので、職場の仲間数人と外で飯を食おうと言う流れになり、コンビニで飯を買って、会社の近くの公園のベンチで食い始めた。
ターミナル駅の近くの公園なんで、排気ガスや車の音はうるさいけどいい気分転換になった。
飯も食い終わって仲間数人と話してると、俺たちの居るベンチの前で一人の男の子が転んだ。
5歳ぐらいかな?かなり泣き始めた。

俺たち全員独身で子供の扱いなんか慣れてなかったから、オロオロしながらも抱き起こした。
周りを見渡すと、そこの近くのデパートの袋を足元において、携帯で話し込んでる女性が一人。
でも、泣き声に気付くそぶりも無い。とりあえず狼狽しながら
「大丈夫?痛いの痛いの飛んでけ~!!」とか言いながら慰めてた。

んで、だいぶ落ち着き始めてその子も泣き止めかけた時、
その女性がすごい形相で走ってきた。

「ちょっと!!あんた達何やってんのよ!!」
「いえ・・・この子が僕らの目の前で転んだんで」
「あんた達がやったんでしょう?ほんと酷いわね!!」
「いえ、けしてその様な事は・・・」

正直キレそうになった。目を離したのはアンタだし、それにせめて泣き声で気づけよ・・・

「あんた達この辺の会社でしょ?名刺出しなさいよ!!警察呼んで訴えてやるから!!」

母親のファビョリ方に怒りがふつふつと湧いてきたところで、なんと本当に警察がきた。
どうやら公園の周りの駐禁を取りに来ていたらしい。

「あの~大丈夫ですか?」
「おまわりさん!!この人達家の子供に悪戯したんです!!訴えます!!」
「事の顛末は見ていましたよ。事実は彼らの言うとおりです。 なんだったら、カメラの映像見ますか?」

と、おまわりさんは外灯の上にある監視カメラを指差した。

「おまわりさんの言うとおりだよ!!ママずっとおしゃべりばっかり!! ママなんか嫌い!!」

子供まで味方してくれたのは嬉しかったけど、ちょっと情けなかったかな。
さっきとは逆に母親はスゲー落ち込んで半泣き。ちょっとかわいそうだった。
でも、この後のおまわりさんがかっこいいんだ。

「駄目だよ、僕。ママの事嫌いって言ったら。すごくママかわいそうじゃない。
 男の子はママを守らなきゃ。だから、ママを責めるんじゃなくて、今落ち込んでるママを慰めてあげなきゃ」

そういって子供の頭撫でたんだ。
その子は元気良く頷いて、俺たちに「ありがとう」って言って母親の手を引いて帰っていった。
なんかNHKのドラマみたいに恥ずかしいぐらいの展開だったけど、おまわりさんのおかげでスーともしたし、何より心温まったね。

               

     

コピーライト

Author by びお / Designed by マンゴスチンw /