2~3ヶ月に1回は更新します(目標)。

スポンサーサイト

ブログトップ > スポンサー広告 > 乙武さん「この世に
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

乙武さん「この世に

ブログトップ > いい話 コピペ > 乙武さん「この世に
1.僕が勤務していた小学校は、運動会の日は子どもたちも家族と一緒に校庭で弁当を食べていた。
  でも、学校によっては運動会の日も給食を出し、子どもたちを教室に入れてしまうところも。
  親たちは、子どものいなくなった校庭でさみしく弁当を食べるか、なかには一度家に帰って、また出直してくる人も。

2.子どもたちを教室に入れてしまう理由は、「親が来れない子が傷つくから」。
  あとは、「弁当格差によって、パン1枚しか持たされない子が傷つくから」。
  僕は前から言っているように、何でも傷つけないようにビニールハウスで囲い、
  温室栽培をすることが教育ではないと思っている。

3.それぞれの資質や能力、容姿や家庭環境は生まれもったもので、その前提を変えることはなかなか難しい。
  その「違い」を感じさせないよう、いくら学校が配慮しても、ビニールハウスが取り外された社会に出れば、
  いくらでも傷つく機会がある。そのときまで気づかせないほうが、僕は無責任だと思う。

4.「私の家はお母さんが来れなくてさみしい」「あの子の家の弁当は豪華だから、うらやましい」。
  もちろん、運動会にそんな苦い思い出を持つ人もいるでしょう。
  だから、そう感じる子が出ないように、みんなで給食。これで、だれも傷つかない。
  そんな“平等”を図ることが教育?僕は、そうは思わない。

5.社会に出れば、傷つくこともある。挫折することもある。そんなとき、どう立ち上がり、ふたたび歩いていけばよいのか。
  そんな経験をさせておくことのほうが、よほど教育的だと思うのだ。
  絶対的に存在する“違い”に布をおおいかぶせ、「みんな平等だよ」とうそぶくことが教育だとは、僕は思わない。

               

     

コピーライト

Author by びお / Designed by マンゴスチンw /
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。