2~3ヶ月に1回は更新します(目標)。

デイブの誕生日

ブログトップ > バカ コピペ > デイブの誕生日
デイブはいつも一生懸命だ。
工場ではいつも残業するし、ほとんどの夜はボウリングをしたり、バスケットをしたり、フィットネスで鍛えたりしている。
デイブの妻、メアリーは彼が色々と頑張り過ぎてると考え、息抜きにと彼の誕生日にと地元のストリップクラブに連れていった。
ところが、クラブの入口でドアマンが言った。

「ヘィ、デイブ。調子はどうだい?」
メアリーは困惑し、デイブにここに来たことがあるか質問した。
「いや、ないよ。彼はフィットネスで一緒に鍛えている仲間なんだ」

二人が席に着くと、ウェイトレスがデイブにいつものバドワイザーで良いか聞いてきた。メアリーはいらいらしてきて言った。
「あなたがバドワイザーを飲むのを知ってるなんて、いつも来てるんじゃない!」
「違うんだよ。今の彼女は婦人ボウリングチームの人なんだよ。いつも隣り合うだよ。」

ストリッパーが二人のテーブルに来るとデイブの肩に腕を回してこう言った。
「ハイ、デイビー、いつものテーブルダンスでいいですか?」
メアリーは怒り狂い、バッグを掴むとクラブから荒々しく飛び出して行った。

デイブが後を追いかけて行くと、妻がタクシーを捕まえているところだった。
メアリーがドアが強く閉める直前、デイブは妻の横に滑り込んだ。
直ぐに彼女はデイブに叫び始めた。困惑してしどろもどろのデイブ。
すると、タクシーの運転手が後を振り返って言った。


「今夜はとんでもない女を拾ったな、デイブ」

               

     

コピーライト

Author by びお / Designed by マンゴスチンw /