2~3ヶ月に1回は更新します(目標)。

バイリンガル

ブログトップ > バカ コピペ > バイリンガル
ある会社が事務員募集の広告を張り出した。
広告には雇用条件としてこう書いてあった。
「従業員募集。タイプができること。コンピュータに熟達していること。
バイリンガルであること。」
「なお、この会社は雇用機会均等法を遵守しています」

しばらくしてやって来た一匹の犬がその広告を見て、会社の中に入って行った。
犬は受付係を見てしっぽを振ったあと、広告のところまで歩いていき、鼻を鳴らした。
受付係は犬が何を考えているか察して、事務所のマネージャーを呼んだ。
マネージャーは驚き、その応募者を見つめたが思い詰めた犬の表情を見て、
とりあえず事務所の中に招き入れることにした。

中に入ると犬は椅子に飛び上がりマネージャーをじっと見つめた。
マネージャーが言う。
「お前を雇うことはできないよ。広告に出てたろ?タイプができなきゃダメだって」
犬は椅子から飛び降り、タイプライターの所へ行き完璧な文字を打ち始めた。
そして打ち出したページを取ってマネージャーのところへ駆け足で行き、ページを渡した。
そしてまた椅子に戻った。

マネージャーは驚いてしまったが、また犬に言った。
「コンピュータも使えなきゃダメだって書いてあったろう?」
犬はまた飛び降りるとコンピュータへ向かった。
そして今まで動いたことがないプログラムをセットするや、完璧に実行した。
マネージャーも唖然として犬を見つめた。

彼は犬に向かって言った。
「お前が賢いのはよくわかかった。面白い能力を持っていることもな。でもやっぱり雇うことはできないよ」
犬は椅子から飛び降りて広告のコピーの所へ行き、
『この会社は雇用機会均等法を遵守しています』と書かれている文章を指さした。

それに対して困ったマネージャーが苦し紛れに言った。
「そりゃそうだが、『バイリンガルであること』とも書いてあるぞ」
すると犬はマネージャーを平然と見つめて言った。

「ニャー」

               

     

コピーライト

Author by びお / Designed by マンゴスチンw /