2~3ヶ月に1回は更新します(目標)。

スポンサーサイト

ブログトップ > スポンサー広告 > X線の生体に与える影響
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

X線の生体に与える影響

ブログトップ > 時事 コピペ > X線の生体に与える影響
*1sV(シーベルト)=1000ミリシーベルト=1000000マイクロシーベルト
3.X線が全身に与える影響

○ 一回照射による被爆後の30日間の死亡率

Ø LD50(半数致死量) ,LD100(全数致死量)

○ 被爆線量と死亡原因

寿命が短縮: 2〜3Sv以下(一時衰弱し,回復する)

骨髄死:  3〜10Sv(LD50程度 人間のLD50 3〜5 Sv)

腸死:   10〜100Sv(別名3.5日死)

中枢神経死: 100Sv以上(数時間〜1日以内)

○ 人間の症状

0〜0.25Svでは自覚症状なし (0.25Svが血球検査で変化の現れる最小値)

宿酔 0.5Svくらいから(2,3日の潜伏期間あり.持続は2〜7日)

急性放射線症 1〜3Sv めまい,頭痛,食欲不振,嘔吐,下痢

     0.5〜1Sv:一時的に白血球数減少,数日で身体機能完全回復

     2Sv:50%に人が放射線症にかかる.数%死亡

     3Sv:90%以上の人が放射線症にかかる.25%死亡

LD50 3〜5 Sv
LD100 6 Sv

               

     

コピーライト

Author by びお / Designed by マンゴスチンw /
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。