2~3ヶ月に1回は更新します(目標)。

【日記】ハトの言葉はワカラナイ

ブログトップ > 【日記】 日々のつれづれ  > 【日記】ハトの言葉はワカラナイ
「方便とは真理を導く手段」ってなんだこりゃ?

 

ネタ帳を盗まれたから得意の“芝刈り機”を披露したのに全くウケませんでした。
こんばんは、ペナルティのワッキーです。


・・・

笑いをとるのって凄い才能だと思います。
なにしろ太陽の神である天照大神が天岩戸から出てこられたのも神々の笑いのおかげ。
その大うけしたネタはアメノウズメノカミのストリップだったとか。


古事記って結構エロイ本なんだよね。
神武天皇の太后が若いころにトイレでンコしてたとき、矢に化けた大物主の神がアソコに突っ込んできた話あたりは秀逸です。


その時のアレで産まれた娘の名前がホトタタライスキヒメ。
富登多多良伊須岐比売って漢字が当てられてるけど、当時は言霊の世界でこの漢字は後年にとって付けられたもの。
ホトって女陰のホトだよ。


ホトに大物主が突っ込んで産まれた子供がホトタタライスキヒメ。
どうよ、このセンス(笑)?!
日本の誕生は実に大らかであけっぴろげで素晴らしいね。



んで現在の日本。
ホトじゃなくて、何かするたびにメッキがどんどん剥がれ落ちるハトの話。


すべてにおいてセンスがない。
そのくせネタでウケを取ろうとするからどうしようもない。
すっかりメッキが剥がれているのに俺は金無垢だと言い訳する往生際の悪さ。
やっぱりコイツはただのバカだ。
大物主に肛門突き刺してもらえ。
ひっひっ。

               

     

コピーライト

Author by びお / Designed by マンゴスチンw /