2~3ヶ月に1回は更新します(目標)。

カワイイくしゃみをする方法

ブログトップ > 体験談 コピペ > カワイイくしゃみをする方法
はじめに

鼻がムズムズ……「ハーックション!」すっきりして気持ちがいいですが、女の子はちょっと恥ずかしいですよね。できれば、「クチュン!」なんてカワイイくしゃみをしたいものです。

女の子らしいカワイイくしゃみって、練習すれば誰でもできるようになるってご存知でしたか?そこで、誰でもできるカワイイくしゃみをする方法をご紹介します。誰でもできる!カワイイくしゃみをする方法を以下にご紹介します。

くしゃみをする時気をつけたいこと

くしゃみをするときのしぐさ

思いっきり口をあけて、「ハ、ハ……」なんて声を上げながら、くしゃみするぞ!というためをつくって、口も押さえずに「ハーックション!」なんてしていませんか?

まず、くしゃみをするときのカワイイしぐさから学んでいきましょう。

カワイイくしゃみをするためのしぐさのポイント

ポイント1:手かハンカチを口にあてる

片手でも両手でも構いませんが、手かハンカチを口に当てましょう。これはしぐさの可愛さだけではなく、他の人へのマナーですね。

ポイント2:くしゃみが出そうな時は目をつぶる

くしゃみが出そう!という時、意識しないとかなりの確立で半目になってしまいます。この表情は恥ずかしいので、半目になるくらいなら目をつむってしまいましょう。

ポイント3:くしゃみの後はすこし恥ずかしがる

くしゃみの後は、すっきり!という表情をしがちですが、できれば少し恥ずかしがる表情をつくりましょう。その方が可愛く見えます。 

カワイイくしゃみをする方法

大きなおじさんのようなくしゃみになってしまう原因は、くしゃみをする前のための部分に大きな原因があります。

STEP1

普通、思い切り大きく息を吸ってくしゃみに備えてしまうのですが、ここで、息を吐くように意識します。この時、息を全て吐ききるのではなく、少し残しておくことが重要です。

STEP2

くしゃみをする時は、口で

「くしゅん!」
と小さく言います。口を大きく開けると、それだけ大きなくしゃみになってしまうので、意識して小さな口にしてください。この時、鼻と口の両方から空気を出すかんじをイメージするとやりやすいです。

くしゃみのためのときに息を全て吐ききってしまうと、寸前に息を吸い込んでしまい、結果的に大きなくしゃみになってしまうので注意してください。
おわりに

ちょっとしたコツと練習がいりますが、このカワイイくしゃみをする方法は誰でもできるようになります。ぜひマスターして、女の子らしいくしゃみができるようになりましょう。

               

     

コピーライト

Author by びお / Designed by マンゴスチンw /